その道のプロフェッショナルになるべし…|どうも、人の想いを汲み取ることに自ら使命をかし、その想いを伝えることに人生を捧げた男こと、きょうへいさんです。     今日は、仕事への向き合い方について 少しお話をさせて頂きたいと思います。 これを ...|埼玉の川越・坂戸のマツエク専門サロン BeautyFreak(ビューティーフリーク)

埼玉の川越・坂戸で、まつ毛エクステするならマツエク専門サロン”ビューティーフリーク”

当ブログについて

筆者について

Noppoプロフィール

Noppo

NoppoをSNSでフォローするならこちら


2017/11/21

オーナーブログ

Post Title

その道のプロフェッショナルになるべし…

どうも、人の想いを汲み取ることに自ら使命をかし、その想いを伝えることに人生を捧げた男こと、きょうへいさんです。

 

 

今日は、仕事への向き合い方について

少しお話をさせて頂きたいと思います。

これを知っているだけで、

あなたも職場で一躍ヒーローになれるかもしれませんよw

 

分の役割を把握しよう

まずは、皆さんにはヒーローになる為に必要な自分探しをして欲しいと思います。

皆さんは、自分がこの世界に生まれてきた役割ってなんだと思いますか?

正直、僕はまだわかりませんw

でも、僕がこの会社にいる役割ならわかります。

それは、スタッフを幸せにすることです。

まぁ幸せにするというとすごく聞こえがいいし

偽善者だと思われるかもしれないのですが、

本当にそれがの僕の役目だと思ってます。

僕はお客様と関わることはできないので、

関わることのできるスタッフを幸せにすることが僕の役目だと本気で思っています。

皆さんはどうですか?

自分が今いる環境での役割をちゃんと把握していますか?

僕は、人には必ず役割があると思います。

それは、基本的に自分自身では気づいていないことが多いです。

例えば、とても聞き上手なあなた。

きっとあなたはみんなのはけ口としての役割を担っているかもしれません。

このように小さなことでも人は自然と役割を分けていて

「この話はあの人にしよう」

「あの話はあの人に相談したほうがいいな」

と考えているものです。

その、誰かが感じている役割に自分自身が気付くかどうかで

あなたの人生は大きく変わります。

何故なら、自分がそこにいる意味が分かるからです。

地に足をつけるという言葉がありますが、

それはまず自分の役割を把握することから始まると思います。

もちろん、時や環境が変われば自分の役割も変わるので

の役割を把握できていれば十分です。

もし今、自分の役割が把握できてないのであれば

一度考えてみてください。

どんなことで人が自分に話を聞きに来るのか?

どんなことで人を笑顔にしているのか?

また、隣の友達、同僚はどんな役割があると思うのか

一緒に考えてあげてください。

そして、見つけたらそれを本人に教えてあげてください。

それはそばにいるあなたにしかできないことです。

だから、そばにいるあなたが一歩踏み出して

その人に教えてあげて欲しいのです。

私にとってあなた〇〇だよと…

 

の道のプロになれ!

自分の役割に気づいたら、あなたはとにかくその道のプロを目指してください。

どこまで行ったらプロなんだよと思ったあなたw

僕が思うプロとは…

「妥協しないこと」です。

プロは絶対妥協しません。

プロの世界にまあいいかは存在しないのです。

先ほどの例のように、もしあなたが聞き役のプロなら

落ち込んでいる人がいた時、どんなに忙しくても

その人の話を聞いてあげてください。

すると、その人が落ち込んだ時、自然と自分に頼ってくるようになります。

ちょっと話はそれますが…

この間、全体ミーティングでとてもいい話を聞きました。

自信をつけるには自分との約束を一つずつクリアしていくことだと。

とても納得しました。

確かにそうですよね?

自分自身の約束を果たせば自然と自信に変わります。

ただ、僕は自信の中には

自分自身に対する自信と

人に対する自信。

2種類あると思うんです。

自分との約束を守ることで自分に対する自信はつきます。

もう一つの自信は自分が誰かに頼られることでつくと思うのです。

この二つの自信はあなたの人生を大きく変えます。

自信がある人には自然と光がさすのです。

誰だってそうだと思うのですが…

自信がない人より自信がある人の話を聞きたいですよね?

自信がない人より自信がある人に頼りたくないですか?

このプロはなんだっていいんです本当に。

掃除のプロでもいいですし

接客のプロでもいいし

笑わせるプロでもいいw

ちなみに僕は携帯ショップ時代…

液晶に保護シートを貼るプロでしたw

少しの気泡やゴミが入ることは許されません!!

そこに妥協は一切ないのです!!w

だって僕は保護シートを貼るプロなのですからw

と…このように本当になんでもいいです。

何か一つ人に誇れるような自信をつけてください。

あなたもこの二つの自信を身につけて

輝かしい人生を歩んでみてはいかがでしょうか?w

 

 

日本一の笑顔はここから…

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアして下さい!記事を書くモチベーションが上がります!

Noppoから記事を読んでくれたアナタに

この記事を書いたのは「Noppo」

筆者「Noppo」について

Noppoプロフィール

NoppoをSNSでフォローするならこちら

Noppo

どうも、BeautyFreak のオーナーをさせて頂いております、Noppoです。
私の仕事は「スタッフの笑顔をどうお客様に届けることができるか」を考え行動することです。サロンの業務ではスタッフの様々な笑顔を見ることができます。私と同じようにその笑顔みて色んな人が笑顔になってもらえる様、努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

詳細プロフィールを見る

Noppoに仕事を依頼・相談する

筆者について

Noppoプロフィール

Noppo

NoppoをSNSでフォローするならこちら