売れるPOPを書く方法|どうも、人の想いを汲み取ることに自ら使命をかし、その想いを伝えることに人生を捧げた男こと、きょうへいさんです。   今日は日常良く見るPOPについて 書きたいと思います。 サロンを運営する中でもPOPはとっても ...|埼玉の川越・坂戸のマツエク専門サロン BeautyFreak(ビューティーフリーク)

埼玉の川越・坂戸で、まつ毛エクステするならマツエク専門サロン”ビューティーフリーク”

当ブログについて

筆者について

Noppoプロフィール

Noppo

NoppoをSNSでフォローするならこちら


2017/10/12

オーナーブログ

Post Title

売れるPOPを書く方法

どうも、人の想いを汲み取ることに自ら使命をかし、その想いを伝えることに人生を捧げた男こと、きょうへいさんです。

 

今日は日常良く見るPOPについて

書きたいと思います。

サロンを運営する中でもPOPはとっても重要なツールの一つです。

 

もそもPOPの意味を知ってますか?

POPとは..Point Of Purchase advertisingの略なんですが、

直訳すると商品のポイントを説明する広告ということになります。

多くの人がPOPというのはそういうものだという

認識があるのではないでしょうか?

でも実はそれが大きな間違いなのです。

僕が考えるPOPとは…

本と同じ「物語」だと思います。

人は広告だと思うと拒否反応を起こしていまします。

皆さんもご経験があると思うのですが、

録画しておいたCMを飛ばしたり

YouTubeに出てくる広告もskip押しますよね?

それと一緒で反射的に人は広告を避ける傾向があります。

しかも、書く方も広告だと思うとなんかやる気が起きませんよね?

だからPOPは広告ではいけないんです。

たり前の概念は捨てよう!

まず、POPを書くにあたり

みんなが当たり前だと思っている概念は捨てましょう!

例えば…

  • 簡潔でなければいけない
  • 綺麗でなければいけない
  • 商品やサービスの特徴を入れなければいけない
  • 価格を書かなければいけない
  • 派手にしなければいけない

こういった、概念はまず捨ててください。

この概念を持っている時点で売れるPOPはかけません。

なぜなら、それは世の中に溢れているから!

世の中にある広告と同じようなことをしていては

絶対に売れるPOPはかけません。

 

対にしなければいけないこと

POPを作るにあたり、

絶対にしなければいけないことを

3つあげたいと思います。

1.必ず手書きで作ること

手書きで作ることによって、一気に広告感が減ります。

例えば、メーカーなどが作ったPOPを手書きで完全に書き写すだけで

劇的に効果は変わります。

2.お客様の立場になって考えること

自分(お店)目線でPOPを書いてしまうとどうしても

伝えなければいけないことが増えてしまったり、

広告のようになってしまいます。

お客様は商品やサービスを選べないんです。

こんだけ溢れてしまった商品やサービスの中から

自分にあったものを選ぶのは至難の技です。

だからこそ、お客様の立場になって考えなければいけないのです。

3.実際に自分で試すこと

これをしない方が多いのではないでしょうか?

「お店が扱ってる商品だから」

「別に使いたいと思わない」

スタッフ自身がそう思っていては

絶対に売れることはありません。

まずは自分で試して見ること。

それで自分に合わなかったらそのままPOPにすればいいのです。

 

POPは物語

冒頭にも言いましたが、POPは物語でなければいけません。

例えば…ポテトチップスのPOPを作るとしましょう。

その時に、物語の登場人物を一人想像してみてください。

サラリーマンの場合…

「嫁に買い出し頼まれ、こっそり一袋」

主婦の場合…

「がんばろう!明日からダイエット…」

学生の場合…

「映画を見ながら至福のひとときを」

みたいな感じで思わず、その人の人生を想像してしまうような

物語があると人は思わず見てしまうものです。

これはお客様の立場になれなければ思い浮かびません。

また、自分が体験した経験を書くのも◎

「100種類食べて、やっと巡り合えた大好きな味」

みたいな感じで自分の経験を少し誇張して書くのもとっても面白いですね。

人は感情が伝わらないものからは何も受け取れません。

まずはその商品を知り、その人や自分の経験を交えて

POPを書いて見てください。

きっと誰かの目にとまるはずです!

 

 

日本一の笑顔はここから…

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアして下さい!記事を書くモチベーションが上がります!

Noppoから記事を読んでくれたアナタに

この記事を書いたのは「Noppo」

筆者「Noppo」について

Noppoプロフィール

NoppoをSNSでフォローするならこちら

Noppo

どうも、BeautyFreak のオーナーをさせて頂いております、Noppoです。
私の仕事は「スタッフの笑顔をどうお客様に届けることができるか」を考え行動することです。サロンの業務ではスタッフの様々な笑顔を見ることができます。私と同じようにその笑顔みて色んな人が笑顔になってもらえる様、努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

詳細プロフィールを見る

Noppoに仕事を依頼・相談する

筆者について

Noppoプロフィール

Noppo

NoppoをSNSでフォローするならこちら