ランニングコスト|ランニングコストとは何でしょうか?? お店を開業しようと勉強していると、良くこのランニングコストという文字を目にするようになりますが、 いったい何なのでしょうか?? ググってみると 運転資金 設備や装置などを維持していく ...|埼玉の川越・坂戸のマツエク専門サロン BeautyFreak(ビューティーフリーク)

埼玉の川越・坂戸で、まつ毛エクステするならマツエク専門サロン”ビューティーフリーク”

当ブログについて

筆者について

annieプロフィール

annie

annieをSNSでフォローするならこちら


Post Title

ランニングコスト

ランニングコストとは何でしょうか??

お店を開業しようと勉強していると、良くこのランニングコストという文字を目にするようになりますが、

いったい何なのでしょうか??

ググってみると

  1. 運転資金
  2. 設備や装置などを維持していくための経費。消耗品費や維持費など。

と出ています。

簡単に言うと、 お店を運営するのに必要な毎月掛かるお金 になります。

では、実際にまつ毛エクステのお店をオープンするとかかってくるであろうランニングコストについて考えてみましょう。

  • 家賃(駐車場も含む)
  • 光熱費(電気、ガス、水道など)
  • 人件費(給与)
  • 福利厚生(社会保険、雇用保険など)
  • 広告費(HPや通信費なども含む)
  • 仕入(商材や店販商品など)
  • 管理費(税理士さんや弁護士さんなど)
  • 雑費(ダスキンやおしぼりなど)
  • 消耗品費(ティッシュや掃除用具など)

ざっとあげてみるとこんな感じになるかと思います。

では当社が目標というがベースとしている各項目の売上に対する平均的な比率を出してみましょう。

  • 家賃&光熱費【10%】
  • 人件費&福利厚生費【70%】
  • 広告費【3%】
  • 仕入費【3%】
  • 管理費【2%】
  • 消耗品費【2%】
  • 非常用予備費【10%】

簡単にですが、このようなベースを基に考えております。

売上の目標が300万円なのであれば 家賃【光熱費含む】は30万円位までの物件で、

人件費【福利厚生含む】は210万円(7人位雇えるかな) などがイメージ出来るかと思います。

 

このように、売上目標を立ててからどれくらいの店舗を借りようかというような目安に使うのはもちろんですが、

例えば、家賃が20万円の物件であれば、売上の目標が200万円に設定出来ますし、

人件費を100万円(4人位)と考えているならば、希望の家賃が14万円位だと推測出来たりします。

 

もちろんあくまでも推測ですので、余裕を持ってお見積りすることをオススメ致します。

家賃や人件費の割合は地域によっても大分違いますし、

細かい経費【仕入費や広告費など】はその時によっても変わってくるかと思いますので、

自分のお店にあった割合などを把握していると目標設定や危機管理などにも役立つかと思いますので、

参考にして頂けたらと思います。

 

 このように、ランニングコストには各店によって様々なものがあると思います。

リースでPOSなどを買った場合や、看板を設置した場合などお店のコンセプトに合わせて必要なものも増えてきますので、

オープンの前にランニングコストを出してみるとリアルに経営を感じて頂けるかと思います。

これを機に色々と考えてみて下さい。

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアして下さい!記事を書くモチベーションが上がります!

annieから記事を読んでくれたアナタに

この記事を書いたのは「annie」

筆者「annie」について

annieプロフィール

annieをSNSでフォローするならこちら

annie

どうも!40歳までに海外移住が出来る様、日々奮闘中のannie“アニー”です。
事務所で1番の年長者ですが、気持ちの若さではある意味最年少でしょう(笑)
みなさんも一緒に“夢”を追いかけませんか?

詳細プロフィールを見る

annieに仕事を依頼・相談する

筆者について

annieプロフィール

annie

annieをSNSでフォローするならこちら